海辺で手をつなぐ男女

的確なアドバイスとは

結婚相手も第三者によって探してくれる、アドバイスしてくれる、仲介してくれる仕組みは、江戸時代の中期頃から今で言う、仲人のようなものが誕生しました。その後、戦後の未亡人の再婚相手を探すために仲介してくれる業者も誕生しました。1970年代ころから今のような結婚相談処理をが誕生しました。また、結婚相手を探す方法として、現在は、婚活サイトが誕生しました。インターネット上で気になる相手を探したり、連絡を取り合ったりできるのです。大手結婚相談所が運営しているサイトなどもあります。また、お見合いパーティーなどを行って結婚相手を探したりする手段やパソコンで条件を、入力すると相手をピックアップしてくれるシステム、また、相談員から仲介されるケースなどいまは、様々な方法で結婚相手を探すことができます。

今後、結婚相談所やお見合いパーティーや婚活サイトなどの結婚相手を探す方法、手段は、拡大されると予測されます。ライフスタイルの変化もあり、結婚しない人、晩婚化が増える中で、第二の市場として考えられるのが、中高年世代の離婚などによる人たちの結婚相談になります。それらの世代をうまく取り込むことで結婚相談の市場は、拡大されると予測されます。まあ、従来の結婚相談所のようなシステムも拡大しますが、スマホの普及やIT化によって、婚活サイトなどで結婚相手を探す方法も今まで以上に拡大されると予測されます。結婚相手を捜す手段が今までよりも、もっと今後は、増えていき、少子化対策として結婚したいなと思える国になっていくことでしょう。